広報サポート

「売り込み」ではなく「相互理解」。
理解しあい信頼しあうことが大切なのは、ビジネスも同じ。

電波だけはどこにいてもつながってしまう時代に、
心と心をつなげる仕事がしたい。

高度成長期以後の市場のトレンドをひとことに集約すると、「パーソナル化」というキーワードにたどり着きます。テレビ・ラジオの小型化に始まり、パソコンの登場、そして人々のコミュニケーションに多大な影響を与えた、通信機器・情報端末のパーソナル化。ケータイの登場で連絡をとることは確かに便利になりました。しかし、それでコミュニケーションは深まったと言えるでしょうか。簡単に伝わってしまう時代にこそ、その根底には人と人との信頼関係がなくてはなりません。私たちは、お互いにわかりあうこと「相互理解」のための広報活動を支援しています。
 
  

「印刷」に鍛えられた情報整理技術と言語感覚が、きっとお役に立ちます。

お客様を理解し、目標を共有すること。私たちの活動はそこから始まります。

 まずはお客様が抱えている課題、事業計画、将来の夢などについて、しっかりと理解し、目標を共有します。会社案内、CSR報告書、広報誌、社内報…。広報ツール制作にあたっては、広報企画・取材・執筆・撮影・編集・デザイン・印刷までを一貫してサポートいたします。
 また、効果的な広報のためのイベント企画やプレスリリースなどもお手伝いいたします。

物理的に限られた紙面だからこそ、研ぎ澄まされるグラフィックデザイン。

 様々なメディアが登場し、グラフィックデザイナーの活躍範囲も広がってきました。しかし、「文章」を読みやすく、わかりやすくデザインする技術は、開国以来文字文化を担ってきた印刷業界に一日の長があると、私たちは自負しています。
 一度発行してしまったら取り返しがつかない「印刷物」という世界で培ってきた「1文字に対する厳しさ」も、きっと皆さまのお役に立つと考えています。

紙だけじゃない。印刷会社だからこそできる多彩なメディア展開。

 私たちは、特定のターゲットに深くコミュニケートする広報戦略を得意としています。常に印刷物を中心に据え、その制作過程で整理された情報を、広報の目的やシチュエーションによって、多種多様なメディアに展開していきます。
 ウェブサイトはもちろん、SNS、動画サイトなどのインターネットメディアから、展示会等でのディスプレイ制作や商品パッケージ開発まで、幅広いメディアへの展開力は印刷会社ならではの強みです。